Home > スポンサー広告 > Desync Issues

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > Warcraft3 > Desync Issues

Desync Issues

※EMUとかTASで検索して来る人が多いと思うけど全く関係ありません

Desyncとはゲームと同期が取れずプレイヤーの行動情報がズレてゲームに反映される、そんな現象の事。
ホントはちょっと違うけどね 説明すると長いのでハショリ

そもそもsyncとは、synchronization、同調。分かり易い言葉にすると同期ってとこかな。
desyncとはその同期がずれたりだとか、パケロスだとかが原因で同じゲームをしているはずなのに
desyncが起こったプレイヤーのみ、予約した情報とは別の行動を取ったり、全く動かなかったり
一人だけ別ゲーをやってるって事になるわけです。

どのゲームでも起こり得るDesyncの主な原因はこんな感じ

  • ゲームバージョン、パッチが一致しない
  • ダウンロード、コピーしたマップが壊れている
  • そもそもWarcraft自体正しくインストールされていない

ここまでは知ってる人は知ってるって言うどーでもいいお話。
以下知っても得しないようなことをダラダラと・・・

ゲームをする際に、LatencyとSynclimitってものが存在するわけなんですが
Latencyは既にご存知でしょう 省略。
Synclimitとは、同期ズレが始まってからLagScreenが表示されるまでの猶予の事。
短く設定すれば少しのLagでLagScreenが表示され、多めに設定すればLagScreenは表示されず
spikeやLagScreenが表示されないのに2,3秒のLagが続いたり、最悪全く操作出来なくなったりします。

実はBOTでホストしない場合でもこの値は設定されていて、
Battle.net標準の設定は確か結構多めにセットされていた気がします。
まあそこらがWC3のカスタムゲームが糞仕様だと言われる所以です。システムそのものもモッサリだしね。

Desyncの話に戻りますが、このLatencyとSynclimitの値を短めにセットした場合に、Desyncが起こる場合がある。
SoRe.BOTも以前は海外プレイヤー向けの設定にしていた為多めに設定していたわけですが、今は軽い設定にしている為、Desyncが起きる海外プレイヤーが出て困った困ったって話。(過去一人だけ日本人でいましたが)
どういうことかと言えば、Wirelessだったり海外からの接続だったりして、パケロスやパケットの遅延等でHostとSynclimitが一致しない場合、LagScreenが表示されずDesyncが起こる。


なんだかまとまらないのでこの辺でまとめると、通常は上の方で書いた事が原因になるが、
場合によってはHostの設定でDesyncが起こると言う事。
対策としてはPingが悪いゲームはしない、Latency等の値を多めに取る、危ないなーと思ったらPauseをかける。
ほとんどの人はDesyncとは無縁だと思うが、こういうこともあるよーって言う話でした。
いつだったかのパッチのNEW JASSが原因になったりする気もするがよくわからないのでそこら辺は放置。

関連記事

Comments: -3

hijikata URL 2010-07-12 Mon 11:16:24

ほんとうPCとか詳しいっすねww

finnel URL 2010-07-12 Mon 17:28:19

話がとても難しいです><
ただ理由があってlagが起こるっていう事はよく分かった気がします。

Chuckle_Grdan URL 2010-07-22 Thu 23:58:01

自分用のメモなんで他の人にはあんまり関係の無い話でした

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -0

TrackBack URL for this entry
http://chucklegrdan.blog88.fc2.com/tb.php/35-5508f937
Listed below are links to weblogs that reference
Desync Issues from CHU×CHU×CHU

Home > スポンサー広告 > Desync Issues

Home > Warcraft3 > Desync Issues

Recent Comments
Monthly Archive

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。